アナルグッズの使い方

昔は鶏姦と呼ばれていたアナルセックスは、欧米では法的な取締りの対象になるほど厳しく禁止されていたようです。ところが現在では、アダルトビデオや風俗店などの影響からか、ホモセクシャルという枠を越えて一般の男女にも普及しつつあります。では、なぜ男性は女性にアナルセックスを求めるのか?一つは、女性の両方の穴を征服したという達成感。もう一つは、膣口の3倍~5倍の締りがあるという抜群の締りのよさで一度体感するとまたやりたくなるほどの快感があるからです。


ある実験によると、女性の膣圧は平均で10~20ミリ水銀柱で、収縮時で40~60ミリ水銀柱だそうである。それに対してアナルはどうかと言うと、なんと最大圧力が200ミリ水銀柱というから、締りの強さでは膣口とは比較にならない。一度アナルセックスを体験すると忘れられなくなりそうですね。


膣は筋肉のチューブのような構造なので、ペニスを挿入するとペニス全体を締め付けて快感を感じる。では、アナルの場合はどうでしょう。肛門には、肛門括約筋など様々な筋肉が密集していますが、その先の直腸自体にはペニスを締め付ける構造にはなっていない。なので、初めてアナルに挿入した時に感じるのは、根元は絞まっても、中は感覚がほとんどない。この中のプカプカ感が、アナル好きとアナル嫌いの分かれる最大の理由となっています。


男性がアナルで快感を得る方法としては、亀頭を肛門の入口でピストンする事をお勧めする。また、女性はどうかというと、ペニスをピストンした際、肛門と膣口の筋肉は繋がっているので、刺激が伝わり多少の快感は得られる。更に言うと、ペニスを目一杯奥まで挿入して円を描くような動きをすると、直腸が刺激され、その振動が膣と子宮(ポルチオ)を刺激して非常に深い快感が得られる。


男性のオナニーとしてアナルグッズ又は指などをアナルに挿入する場合があります。これは、睾丸の裏側にある前立腺を刺激すると、男性は射精してしまうほどの快感が得られるのです。これを俗に前立腺オナニーと言われています。専用の器具でエネマグラという前立腺マッサージ器がアメリカで開発され日本でも定着しつつあります。


アナルグッズでアナル調教!

アナルグッズでアナル調教の画像

まず最初はアナルスティックがお勧めです。アナルは非常に収縮性があって、個人差はありますが膣以上の場合もあります。では、どうしてアナルグッズは細いものが多いのでしょうか。


それは、アナルに関しては、挿入感を楽しむのが目的ではないからです。では何が快感かというと、アナルステイックやアナルバイブなど、挿入部分が玉状の凸凹になっているのはご存知かと思いますが、実はその形状こそが快感を得る最大のポイントになっているのです。


アナルスティックの使い方ですが、まず最初にアナルにローションを塗ったら、アナルを軽く指で揉みほぐすようにして下さい。この部分は敏感なので、爪でなぞったり、ローターの弱い振動で刺激してみてもいいでしょう。


指の腹で揉みこんで、肛門括約筋がほぐれてきたら、アナルスティックにもローションを塗ってゆっくりと挿入する。10センチくらい入ったら、ゆっくりスティックを抜く。やり方としては、これを繰り返すだけ。



平安時代のアナルグッズを使う画像

■日本初のアナルセックスは?

日本で歴史上、最初にアナルセックスをしたのは誰か?平安時代の歌の一節にこのような記述があります。「尻の穴にはすぐには入れないで下さい。貴方にはどれくらいの痛みかご存知ですか」とアナルセックスを示唆するような行為が詠まれています。ただ、なぜアナルに入れたくなったのか?どのようにして知ったのか明確な記述がないのが残念です。

歌から察するに、平安時代の貴族の間では日常的にアナルセックスを楽しんでいたように思われる。この時代の貴族は裕福な生活をしていた事から、性に対する飽くなき探究心が旺盛だったのではないでしょうか…。


アナルグッズでアナル拡張!

アナルスティックの画像

小指が肛門に根元まで入るくらいに肛門が広がってきたら、アナルスティックも徐々に太いタイプに交換して挿入を意識したアナル拡張を行なってみましょう。小・中・大の3種類がセットになったアナルスティックを用意しましょう。


通常、アナル用のスティックは表面がツルッと滑りのよい素材又は加工がされているので、容易にアナルへの挿入が可能で挿入時のフィット感も心地よいものとなっています(挿入時、ローションは必須アイテムですが…)。表面が凸凹になっているアナルスティックを一段抜くだびにアナルに力が入るので、女性の膣の感度もアップします。


一番太いアナルスティックが難なく入るようにするのには、だいたい1週間くらいかけるつもりで気長に根気よくアナル拡張を行って下さい。女性に痛い思いをさせるのは厳禁です!女性が痛みなど何度も体験すると緊張感が強くなりアナル拡張が困難になるので、慎重に時間をかけるのがコツです。



アナルグッズの使い方・中級編

アナル拡張の最終兵器!アナル拡張ポンプ

アナル拡張ポンプの画像

アナル拡張もある程度進んで最終段階に突入したら、アナル拡張ポンプで仕上げです。


拡張ポンプとしてマニアから親しまれている『ファニーヒルズ』(左写真)は、空気で膨らませる前の状態で直径が40ミリ、挿入部分の長さが75ミリの円錐形で振動機能も付いた空気ポンプ式拡張プラグです。


ポンプで空気を送ると最大直径が100ミリ(60ミリ~70ミリがお勧め)にもなり、泣き叫ぶぐらいの強烈な快感に我を忘れてイキッばなしになること確実です。


拡張ポンプでアナル拡張

材質はラテックスで、挿入部(アナルプラグ)の中心にモーターが組み込まれた芯があります。


この芯を通してポンプで空気を注入すると、アナルプラグの表面が風船のように膨らむ仕組みになっています。空気を抜きたい時は、ポンプの付け根にあるボタン(リリースボタン)を押すと、圧力で自動的に空気が抜けます。


プラグ表面の材質がラテックスなので、スルリっと滑って抜けることもなく、また変形しづらい特長があります。その特長を利用して、拡張ポンプ初心者には3分の1ほどプラグを挿入した状態で、膨らませたり縮めたりを繰り返してアナル拡張をしてみて下さい。


これにより、アナルセックス時、肛門括約筋に余計な力が入らずスムーズにアナルを広げられるように、身体に覚え込ませることができます。


拡張ポンプで羞恥プレイ

拡張ポンプで羞恥プレイの画像

ある程度この拡張ポンプに慣れてきたら、いよいよプラグを全て挿入してください。 プラグの根元まで挿入して腸内で膨らませると、プラグの芯のモーター部分とラテックス製の表面の間に空気が入るので、バルーン全体にモーターによる振動が伝わりにくくなります。しかし、この振動の弱さを利用して、羞恥プレイを楽しむことができます。


アナルに『拡張ポンプ』を挿入した状態で、肩幅より大きく脚を開かせて直立させておく。 次に、前の穴に小ぶり電動バイブかローターを挿入する。 後ろの穴はアヌスストッパー同然の状態なので、下に落ちる事はありませんが、 前の穴に入れたバイブ又はローターは、膣に圧力をかけていないとすぐに落ちてしまいます。 この状態で、もし下に落としたらお仕置きというお約束をする。


前と後の両方の穴に挿入された女性は腸壁が圧迫され、膣も食い締めているので、精神的な恥ずかしさも加わって自然に腰を振り始める。 このような状態になると、『拡張ポンプ』の振動部分が中で前後左右にバルーンに当たり下半身は火がついたような快感に襲われる。 前も後ろもローターのコードは下に垂れ下がらせたままの状態…。


また、男性のオナニー用や女性の別の使い方として、まず、拡張ポンプを挿入する前に浣腸をする。 通常の浣腸プレイと同様に排泄したくてもアナルプラグがストッパーになって排泄できない。 快感と苦痛で、身をクネらせたり膝が折れたりして、じっとしていられなくなる。 そのたびに腸壁を刺激され、アナル特有の快感と苦痛が繰り返される…。


またバルーン自体をさらに膨らませることで腸壁や前立腺へ圧力をかけて、排泄時の快感を何度でも味わえることができるのです。 そのほか、使い方は無限大という男性にも女性にも使える優れた大人のおもちゃなのです。


検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

人気ランキング

特価!

愛・ラブローター

542円(税抜)

定番中の定番!!

20%OFF

直撃Gバイブ

800円(税抜)

Gスポット責め専用ローター!

20%OFF

恋の110番

1760円(税抜)

媚薬的なローター!


モナ2

特価!