ローターの使い方

ローターとは発電機などの機械の回転部分である“回転子”を意味する電気用語でアルファベットの綴りはROTORと書く。現在は、一般的にピンクローターとかパールローターの愛称で呼ばれる事が多い。手のひらにスッポリ収まる可愛いローターですが、大人のおもちゃのイイとこのみを備えてしかも無駄のないまさに大人のおもちゃの王様的な存在なのです。


まず値段が手頃で電動バイブと違い見た目が可愛い。大人のおもちゃを使った事のない女性でも違和感なくすんなり使える入門用グッズとして最適です。


性感帯を最も効果的に刺激するのは電動によるバイブレーションです。そのバイブレーションの機能目的だけに作られた非常にシンプルなローターは安価で誰にでも簡単に使えるので、今でも最も人気の高いラブグッズとして君臨しているわけです。


ハンド・グリップ法

ハンド・グリップ法の画像

ローターの基本的な使い方として、電源を入れてから振動レベルを調整するわけですが、いきなり100%の振動を使うのはダメ。女性の反応を見ながら強弱をつけていく。おおよそ60~80%の振動が目安となる。


強弱のコツとしては、ローターのコード側の部分を掴んで、先端部分を女性に当てる。強く掴めば振動を殺して弱くなり、弱く掴めば逆に強くなる。指先の力加減で調節した方がコントローラーを使うよりはるかに微妙なバイブレーションの変化が楽しめます。


また、慣れてくるとコントローラーを片手を使って調節しなくて済むので、両手でローターをもって責める事も可能になる。


応用としては女性の身体に強く押し付けたり、軽く触れる程度にしたり接触部分への力の入れ具合や、ローターの先端部分だけを当てたり、ローター側面を広く押し当てたりするなど、接触面積の調整も重要なテクニックとなる。


間接刺激法

間接刺激法の画像

ローターのレベルを最小にして、しかも強く掴んで振動を殺してもまだ刺激が強すぎる場合は、女性に直接ローターが触れないようにワンクッションおくといいでしょう。


例えばローターを布のようなもので包んだり、自分の指を間に挟んだりするなど間接的な刺激になるように工夫してみましょう。薄手のシャツや下着の上からローターを当てるのもよいでしょう。


初めてローターを使う場合でも、直接当てるよりショーツ越しにクリトリスを責めた方が視覚的にもいやらしく、また十分刺激は伝わるのでお勧めです。



振り子法

ローターのコードの方を持って、ローターのバイブ部分を宙ぶらりんにした状態で女性の身体の上を這わせる。


この場合、バイブ部分は指で掴んでいないのでバイブの刺激がダイレクトに伝わり、さらに接触点が安定せず、触れる場所や時間がランダムに変化するので、強烈なバイブと相まって予測不能な感触が得られることになる。


普段はローターであまり刺激しない耳の裏や手の平など色々な所を責めて反応を見てみよう。意外な反応が得られる場合もある。


電動バイブに慣れていない女性でも、ローターなら比較的容易に受け入れられるものです。


なぜかというと、電動バイブに比べて大きさが小さいからです。


女性は小さいものに対して「可愛い」と感じる傾向があり、また、形が卵型やカラフルなものが多くそれらも女性の抵抗感を和らげる要因になっています。


そんなわけで、ローターはとっても使いやすいアイテムと言えるわけですが、では、どのようにしてローターをセックスの時に活用すればいいのか解説していきましょう。



女性がローターを使ってオナニーしているところを見て興奮する

セックスの前に、ローターを用意しておいて彼女にさりげなく「ちょっとこれで一人エッチやってみてよ…」と言いながらローターを彼女に渡してみる。


好奇心で、最初は恥ずかしくても、やってくれる確立の方が高いはず。パンティの上からクリトリスにローターを押しつけて次第に興奮していく彼女…。そんな彼女を見ている方もかなり興奮してくるはずです。


お互いすでに興奮状態になって始めるセックスは、いつもより激しく燃え上がることになるでしょう。



前戯用の大人のおもちゃとしてローターを使う

前戯用の小道具としてローターを使うのは定番中の定番であると同時に様々な使い方ができる時でもあります。


ローターを使えば、人間の舌や指などではできない小刻みな振動(バイブレーション)で愛撫できるので、彼女のあらゆるポイントを強力に責める事ができます。


しかも貴方はほとんど体力を消費することなく電池が続く限り続けられるわけです。


体力に余裕がある分、じっくり相手の性感帯を開発できますし、以外な性感帯を発見できるかもしれません。


もちろん、彼女の感じるポイントや重要な性感帯であるクリトリスはじっくり責めることを忘れないでください。


ローターでも、電動バイブと同様に、女性器の中に入れて使っても問題ありませんので、彼女の反応を見ながら色々と試してみるのもおもしろいでしょう。



男性がピストン中にクリトリスをローターで愛撫する

クリトリスをローターで愛撫するの画像

ほとんどの男性は、挿入してピストンしている時は、それに集中しすぎて、その他の愛撫をまったくしていないことが多いです。


もちろん、興奮状態で愛撫など、色々な事を同時にするのは思っている以上に非常に難しく体力が必要となります。


そんな時に重宝するのがローターなのです。男性がピストン中に女性のクリトリスにローターを使って愛撫すると、女性の感度は倍増します。


例えばなかなかイケない女性がイケたり、早濡気味の男性にも強い味方になってくれたりもします。


クリトリスに限らず首筋や乳首など個人差もありますが、性感帯によっては快感度が3倍4倍に倍加されるでしょう。何度か試しているうちにローターでピンポイントで愛撫できるよになれば貴方もAV男優なみのテクニシャンになれるかもしれません。



二人同時にローターを愛撫に使う

二人同時にローターを愛撫に使う画像

セックスしている時に、女性だけでなく男性に対してもローターを使うと効果的です。


男性にも性感帯は存在するので、性器やその周辺又は乳首など感じる人も多い。


女性にローターで愛撫してもらいながら相互で愛撫し合えば、より激しい快感でセックスができる上、女性が受身一方にならないので責める快感も得られるメリットがあります。


性交しながらローターを使って性感帯を刺激すれば、普段の2~3倍の快感アップの効果がありますので、男性も女性も相互に使えば最高のセックスができるよになるでしょう。


ローターの使い方・上級編

ローターの使い方を極めれば貴方は立派な大人のおもちゃの上級者!上級者テクニックを駆使して次々と彼女の性感帯を開発していきましょう。


意外な性感帯をピンポイントで責める!

ローターの本来の目的とは、パートナー又は女性自身がクリトリスにローターを当てて刺激することで快感を得るためのものです。


しかし、ローターはクリトリス以外の性感帯をピンポイントで刺激することができるので、いろいろな場所を責めるのに重宝する大人のおもちゃなのです。


そのローターの長所を利用して、見落としがちな刺激ポイントを紹介いたします。上級者ならではの、意外な場所の攻略方法です。



1、首筋及びその周辺

首筋及びその周辺をローターで責める画像

ベテランでも意外と忘れがちなのが首筋及びその周辺部へ刺激。


テクニシャンといわれる人の愛撫は、必ず首筋や耳元を責める事を怠らない。


それくらい、クリトリス以外の性感帯で、ここが気持ち良くない女性は、あまりお目にかかった事がない。


もし、どうしても感じない場合は、不感症と思っていい。


初めてローターを使ってこの場所を刺激した時はくすぐったがるでしょうが、乳首や女性の感じる性感帯を愛撫しながら同時にローターを使えば必ず感じるはずです。


コツは、いきなりローターの振動を強くしないで弱い振動を当て続けることです。また、初めて使う時は振動音が比較的小さいタイプのローターがベターです。



2、足の裏側

本当にここが性感帯になるの?と思う方も多いと思いますが、ここも立派な性感帯なんです。


誰でも足の裏はくすぐれば、くすぐったがるわけだから、性感帯といえば当然なのですが、ほとんどの人がスルーしてしまうポイントです。


当然の事ながら、ローターを足の裏に当てたら単にくすぐったがるだけなので、とにかく根気よくゆっくりじっくり責めて下さい。


前述の首筋及びその周辺同様、他の性感帯と同時に責めるか、ある程度女性が感じ始めてからやる方が、感度は断然アップするはずです。



3、わき腹

わき腹をローターで責める画像

ある程度お分かりだと思いますが、くすぐったいところが全て性感帯と言っても過言ではないわけです。


なので、わき腹もかなりお勧めのポイントになります。


こういうデリケートな場所は、(ここで紹介するすべてのポイントに言えることですが)ローターの小刻みな微振動に反応しやすいところなのです。


つまり、すでに彼女の感じる性感帯として把捉しているポイントなら、ある程度強く刺激しても大丈夫ですが、反応のない又は弱い、未開発の場所は、できるだけ弱く、繰り返し根気よくやることが肝要なのです。


焦らずじっくり開発していくことでアナタ自身のスキルアップにもなりますし、相手の女性も徐々に感度がアップする可能性があります。宝の山はどこに眠っているか分からないのが女性の性感帯と言えます。



4、手(特に指)、足の甲

ここもあまり知られていないポイント。多くの女性の指は長くてほっそりしているので、神経が敏感であると思われます。


セックスの時に指をなめると女性がかなり興奮した経験はあると思いますが、このような敏感なポイントも見逃すと損をする事になります。


なぜなら、割と少しの刺激でも敏感に反応してくれるので本番までの時間短縮にも役立つ場合もあります。


もちろん、相手の反応を見ながら微振動を持続的に与え続けることを忘れないで下さい。



アナルプレイにいいローターとは?

ローターの長所は、小さいが故に融通がきくところです。だから、ローターはアナルプレイでも使える大人のおもちゃなのです。


では、どんなタイプのローターがアナルプレイに適しているのでしょうか…。大雑把に言うと、どれでもいい!?ということなんです。


ローターは本来、アナルに使う目的で作られているわけではないです。ただ、お尻の中に入れないで、お尻の入口を刺激するだけなら、どんなローターでも目的は果たすわけです。


一般的なやり方としては、お尻周辺部をローターの振動で刺激して、感度を高めるという方法。もしローターをお尻の中に入れて振動させたい場合には、ローターを選ぶ必要があります。


「玉バイブ」(下:写真)と一般的に言われている、電池内蔵の玉型ローターをコンドームに入れてからお尻の中に挿入します。コンドームは衛生面での配慮であると同時に、お尻から出す時に引っ張り出す役目もあります。もちろん、このタイプのローターは、前の穴にも使用可能なので、二つ用意すれば二穴同時刺激もできます。


玉バイブの画像

ピンクローターのように電池ボックスと卵型ローター部がコードで接続されているタイプは避けた方がよいでしょう。 お尻から引き出す際に、コードが切れる場合があるからです。最悪、ローターが穴の中から出せなくなってしまう事態になりかねません。


アナルバイブとローターの同時使用もお勧めです。細身のアナルバイブをアナルに挿入しながら、ローターの刺激が同時に味わえます。


*現在、玉バイブ「無限」は生産終了につき、入手困難となっております。


検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

人気ランキング

特価!

愛・ラブローター

542円(税抜)

定番中の定番!!

20%OFF

直撃Gバイブ

800円(税抜)

Gスポット責め専用ローター!

20%OFF

恋の110番

1760円(税抜)

媚薬的なローター!


モナ2

特価!